実験用水槽、美術鑑賞用ボックス等の製作も承ります

特殊アクリル水槽

当店の水槽は全て国産キャスト板を使用
特殊水槽
当店では、試験、実験用の耐久性と実用性を求められる水槽は「理論上耐えられる基準」では無く、過去実際に製作して来た経験を元にご提案致します。

▲提携工場群には長年の経験と実績が御座いますので品質はご安心下さい。

お気軽に問い合わせ下さい。

見積もり無料

無料お見積り


令和6年1月 重要なお知らせ 物流2024年問題の影響で、今後の法人宛て発送は到着まで発送日から中1~2日頂く事をご了承ください。※離島除く

実験水槽

実験用水槽

試験用水槽

試験用水槽

提携工場が増えました。
工業用、医療用製品に特化している工場なので、ご要望にお応え出来る範囲が広くなりました。

フランジ・リブ無しでも製作可能

アクリルボックス
視認性、見栄え、耐久性と特殊な条件が重ねて求められるアクリル水槽の製作も可能です。

センターフランジ、フランジ、リブ、アクリルボックス

リブ無し水槽

センターフランジ及びリブは、満水時の水圧に耐える為に必須ですが、作業や観察時に妨げになる場合、板厚を増してフランジ、リブ無しで製作も可能です。


板厚による価格差(例)

リブ有無板厚(mm)サイズ(mm)水槽価格
リブ有側面10/底面 8W1200×D600×H50087,000円
リブ無側面20/底面 13W1200×D600×H500178,000円
※価格は一例になります、仕様により価格は変動致します

上記価格は一例です。
板の厚みにより、水が入る総水量は変動します。
例)板厚側面20mm底面13mm
外寸W1200×D600H500mm作製時、内寸W1160×D560×H487mm

アクリルキャスト板の特性上、完成品は水槽サイズにもよりますが1~1.5mm程度の誤差が出ます。

特殊な板厚設定

ネジ切り穴
水槽の側面、底面へ大口径の穴あけをし雌ネジ加工をする場合水槽への負荷を軽くする為、プレートを水槽外側に補強して仕上げます。水槽内壁はフラットな状態で重量の有る金属製ソケットをねじ込んで止める事が可能です。

水槽設置時の注意:必ず水平を取り金属or木製の板(コンパネ)を敷いてご使用下さい。骨組み台のままや、凸凹の有る床に直置きしますと決壊の恐れがあります。

安全な設置のために

水槽単体では自立が難しそうな仕様の水槽や、振動などで転倒の恐れが有る仕様の水槽をご依頼の場合、安全にセットする為に専用のガイドや架台もセットで製作する事も可能です。

特殊水槽台
水槽も大事ですが、置く水槽の重さに対して耐荷重のある台を水平な床に置かないと水槽だけが丈夫でも飼育環境は長持ちしません。

主な仕様変更

仕様名仕様内容
板厚板厚を変更
板色クリア、ブラック、ホワイト、ネイビーの4種
強化フランジ、リブ通常より幅広で厚いセンターフランジ、又はリブ
水槽内側底R加工苔掃除を楽にする為。主に鮮魚用
底面特殊排水溝水槽を丸洗いしたい時に。主に実験設備用
補強板水槽内角に補強板を追加し強度UP(板厚が足りている場合効果無)
穴あけ加工ケーブル類や給水管ドレン排水など※最も多いオプション
壁型水槽壁面を覆ったり、バーやオフィス衝立として
L字水槽飲食店カウンター、企業受付カウンターに合わせて
多角形水槽3角形、5角形、6角形、8角形等の多角形
積層板水槽※1)板を積層接着し製作する超厚キャスト板。
円柱仕様※2)筒状水槽。作成する直径のmm数をお伝え下さい
※1)アクリル板をミルフィーユ状に張り合わせ製作する主に水族館の様な大水槽で使用。極めて高額になる為、毎回ほぼ見積もりで終わります。
※2)円柱型の水槽製作はサイズによりますが直径1m前後ですと通常水槽の倍程度になります。

円柱水槽

円柱水槽


外リブ仕様

特殊排水仕様
水槽底面を丸洗い出来る特殊排水溝も承っております。


上記以外の要望にもお応え致しますので気軽にご相談下さい。

アクリル板の薬品耐性

当店で使用しているアクリルキャスト板の薬品耐性表になります。
薬品使用時の参考にご利用下さい。

試薬  判定
硫酸 (98%)  × 
硫酸 (30%)  ○ 
塩酸 (36%)  × 
塩酸 (30%)  △ 
硝酸 (60%)  × 
硝酸 (10%)  ○ 
弗化水素 (40%)  × 
クロム酸 (40%)  × 
蟻酸 (90%)  × 
氷酢酸 (98%)  × 
クエン酸(20%)  ○ 
試薬  判定 
乳酸  △ 
シュウ酸  ○ 
無水酢酸  × 
苛性ソーダ (48%)  ○ 
アンモニア (28%)  ○ 
ホルマリン  △ 
酸素、オゾン  ○ 
メタン  ○ 
亜硫酸ガス  ○ 
塩素ガス  △ 
臭素ガス  △ 
  • 表の見方 ○:余裕 △:使えない事はない ×:止めた方が良い

※常温時の薬品耐性になります。低温、高温時により耐性も変動しますので、詳しくは勉強が出来る人に聞いて下さい。

一般的な素材の違い

素材全光線透過率熱伝導率熱膨張係数
アクリル約93%約0.2W/mK5~9(10-5/℃)
透明塩ビ約80%約0.15W/mK6~10×10-5/℃
ガラス約90%約0.8W/mK8.5~9.0(10-6/℃)

全光線透過率:いかに光をツーツーに通すかです。数値が大きいほど透明に近い。
熱伝導率:熱の伝わりやすさです。数字が小さいほど熱が伝わりやすい。
熱膨張係数:数値が大きいほど温度変化で伸びます。
仮に、アクリルや塩ビはざっくりと1mの板が20℃程度の常温から一気に60℃位迄上げると2cmちょっと伸びます。一方、ガラスは肉眼で分かる位は伸びません。、、恐らく。
厳密では有りません。なんとなく間違っていない程度です。


アクリル板 強度の違い

板強度キャスト板押し出し板
引張強度[N/mm²]7.45×1057.35×105
曲げ強度[N/mm²]1.2×101.2×10
曲げ弾性率[N/mm²]2.9×1072.9×107
比重(水1に対して)1.191.19


注文から納品までの流れ

オーダー製品は注文確定後、ご入金頂いた後に作業開始致します。
製作内容により、最速2週間~最長3か月程度の納期を頂いております。


決済方法 現金・銀行振込

見積り有効期限は発行日から30日になります

ご注文時は以下を必ずお読みください。

発送について

令和6年1月 重要なお知らせ 物流2024年問題の影響で、今後の法人宛て発送は到着まで発送日から中1~2日頂く事をご了承ください。※離島除く


3辺合計450cmを超え、且つ重量が1品で150kg以上の製品はチャーター便で配送致します。チャーター便は納品場所により※15万円以上の運搬料がかかる事が有ります。※沖縄県本島だと30万円近かったです。
※設置場所への搬入経路により製品が通らない事が有りますので、ご注文前に必ず搬入経路を採寸して下さい。

キャンセル、返品について

 当店ではお支払をもって正式受注とし製作開始致します。お支払い後(作業開始後)のキャンセルは出来ませんので良くご確認の上、ご発注(お支払い)下さい。

 又、大型アクリル製品は製品の特性上、使用・未使用に関わらず返品をお受けする事は出来ません事をご了承下さい。

保証期間に関する規定

 保証期間は、納品日より1年間になります。使用開始日では無い事をご了承下さい。又、保証期間内に不具合が発生した場合は、写真などにより状況をお伝え下さい。必要に応じて修理または交換対応をお取り致します。

 尚、当店とお約束した内容以上の負荷がかかる使用をされた場合、当店の定める条件を満たしていない場合は上記保証規定によらず保証対象とはなりません事をご了承下さい。


お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る