アクリル水槽の板厚 重量

アクリル水槽

アクリル水槽の板厚

水量150L以上のアクリル水槽の当店推奨板厚になります。
幅(W)奥行(D)よりも、水を張った所の状態の水面の高さ(H)が水槽の膨らみに影響が出ます。

水面の高さ(H)推奨板厚(t)
100~400mm6or8mm
401~500mmまで10mm
501~600mmまで13mm
601~750mmまで15mm
751~900mmまで20mm
901mm以上25mm以上

本来、推奨板厚13mmのH600mmの水槽でも半分程度の水位で使用するという場合は
板厚10mmで耐えられる事も有ります。
尚、膨らむ=決壊という事ではありません事をご承知頂けますと幸いです。

水を張ったアクリル水槽の大まかな重さ

大型水槽の重さの大部分を占めるのが水になります。設置を検討している水槽がどの程度の重さになるかを以下フォームにて参考頂けますと幸いです。
※数字は半角で入力をお願いします。

Lagoon水量s 水槽幅W(cm)

水槽奥行D(cm)

水面まで高さH(cm)

水槽の水の重さ



※水1リットルを1kgとした時の重さになります。
これに、水槽含め機材の重さを合計した物が、水槽セット一式の重量になります。

一般的な重量物

約30kg冷蔵庫100L(単身者向け)
約60kg冷蔵庫300L(2~3人家庭向け)
約70kgベッド(キングサイズ)
約100kg冷蔵庫500L(5人家庭向け)
約250kg自動販売機(空の状態)
約400kg自動販売機(商品満タン時)
約740kgキャリイ(スズキ)

アクリル板で作る水槽の重さ
水槽本体の重さは、板の縦×横サイズ×キャスト板の比重(1.2)で板1枚辺りの大まかな重さが分かります。
例)W1200×D600×H500mm水槽、側面板厚10mm底面8mmの場合

前と奥の板120cm×50cm×1cm×比重1.2=7200g×2枚
側面の板60cm×50cm×1cm×比重1.2=3600g×2枚
底面の板120cm×60cm×0.8cm×比重1.2=6912g×1枚
上部リブフランジ2000g程度

前後2枚で約15kg弱、側面2枚が7kgちょっと、底板7kg弱。これにリブフランジで大体30kg強。
水槽に入る水が約350Lなので、水との合計重量は約380kgになります。

重さは水槽の仕様や水量により前後しますので目安としてお考え下さい。
※塩ビ板の場合、比重1.35。

耐用年数について

一般的に、アクリル水槽の耐用年数は新規に製作した物で7~10年程度が美観、及び耐久強度を同時に保てる耐用年数と言われますが、実際は直射日光に長時間当たる環境や、日ごとの温湿度の差が激しい場所等に設置する事により、先に美観、次に耐久強度が低下して来ますのでそれより短くなる場合が有ります。特に、ある程度以上の水量(100リットル程度)の水槽を購入から一度満水にして使用したのち、水を抜いて空の状態で倉庫などに長期間置いた場合は一気に耐久強度が落ちてしまい、久々に水槽に水を入れたらいきなり亀裂が入ったり決壊したという話を聞きますので、長期放置後に使用する場合、又は中古で購入する時はその辺りを充分考慮して使用する事をお勧め致します。
新規で製作した板厚が充分な仕様の水槽を、直射日光を避け急激な温度変化を避けて常時使用している場合は、美観耐久強度共に10年は問題無く持つ事が多いようです。

主な水族館のサイズと板厚

水族館の板厚はどんな物なの?という質問が多々有ります。
以下は有名な水族館の大まかな水槽仕様です。

オーダーアクリル水槽

水族館
m
高さ
m
水量
トン
板厚
mm
ドバイ32.88.310,000750
沖縄22.58.27,500600
京都108.85,400500
千葉
円形
9.37.22,200450
墨田区
大水槽
96300280
家庭用
120規格
1.20.50.310
大体は合っていると思います。

水族館の水槽はスケールが違うのは勿論ですが、板厚もおかしな事になっています。
しかしこの位の板厚で堅牢な作りでないと、まかり間違って開館時に決壊事故が発生した場合、家族連れが多い水族館での被害は大変な事になってしまいます。

水族館のアクリル水槽は家庭用の5面体水槽とはアクリル板の形式も製作方法も違うので単純に比較は出来ません事をご了承下さい。

アクリル板の薬品耐性

当店で使用しているアクリルキャスト板の薬品耐性表になります。
薬品使用時の参考にご利用下さい。

試薬  判定
硫酸 (98%)  × 
硫酸 (30%)  ○ 
塩酸 (36%)  × 
塩酸 (30%)  △ 
硝酸 (60%)  × 
硝酸 (10%)  ○ 
弗化水素 (40%)  × 
クロム酸 (40%)  × 
蟻酸 (90%)  × 
氷酢酸 (98%)  × 
クエン酸(20%)  ○ 
試薬  判定 
乳酸  △ 
シュウ酸  ○ 
無水酢酸  × 
苛性ソーダ (48%)  ○ 
アンモニア (28%)  ○ 
ホルマリン  △ 
酸素、オゾン  ○ 
メタン  ○ 
亜硫酸ガス  ○ 
塩素ガス  △ 
臭素ガス  △ 
  • 表の見方 ○:余裕 △:使えない事はない ×:止めた方が良い
    ※常温時の薬品耐性になります。低温、高温時により耐性も変動しますので、詳しくは勉強が出来る人に聞いて下さい。

一般的な素材の違い

一般的なアクリル板 強度の違い

板強度キャスト板押し出し板
引張強度[N/mm²]7.45×1057.35×105
曲げ強度[N/mm²]1.2×101.2×10
曲げ弾性率[N/mm²]2.9×1072.9×107
比重(水1に対して)1.191.19

光の透過率 熱に対する違い

素材全光線透過率熱伝導率熱膨張係数
アクリル約93%約0.2W/mK5~9(10-5/℃)
透明塩ビ約80%約0.15W/mK6~10×10-5/℃
ガラス約90%約0.8W/mK8.5~9.0(10-6/℃)

全光線透過率:いかに光をツーツーに通すかです。数値が大きいほど透明に近い。
熱伝導率:熱の伝わりやすさです。数字が小さいほど熱が伝わりやすい。
熱膨張係数:数値が大きいほど温度変化で伸びます。
仮に、アクリルや塩ビはざっくりと1mの板が20℃程度の常温から一気に60℃位迄上げると2cmちょっと伸びます。一方、ガラスは肉眼で分かる位は伸びません。
厳密では有りません。なんとなく間違っていない程度です。

TOPへ戻る